はちみつ豆知識

番外編

はちみつ美容法
最近、はちみつを使ったスキンケアが話題ですが、実はかの絶世の美女、クレオパトラもはちみつを粧品として愛用していたとか!?
女性の間では太古の昔から続いている美容法だったのですね!

では、お家でカンタンに出来ちゃうはちみつパックの方法をご紹介しましょう。
結晶していない液状のはちみつを直接、または少量のお湯で溶いて手に取り、顔に30分ほどパックして洗い流します。

ビタミンCとB2、B6の美白、整肌効果に加え、はちみつの保湿効果で肌がしっとりツルツルに。
また、湯船にはちみつをたらしてお風呂にゆっくり浸かるのもGood★
料理をおいしくする驚異のはちみつパワー
[料理の最後に味を調整できる]
ほかの調味料と異なり、最後に入れても素材となじむので、お料理の最後に味を整えるのに便利!

[肉や魚の臭みを抑えてくれる]
はちみつに含まれる有機酸が、臭みのもととなるアンモニアを中和し、臭みを消してくれます。

[お肉をやわらかくしてくれる]
はちみつは、肉に火を通す際、たんぱく質が凝固するのを防ぎ、肉をやわらかくしてくれます。また冷めても固くならないので、お弁当にも最適ですよ!

[コクと旨味を引き出してくれる]
砂糖やみりん、両方の役割を果たします。
カレーや煮物にも、隠し味としてパワーを発揮!!コクのあるまろやかな風味に仕上がります。

[テリやツヤを与えてくれる]
はちみつがカラメル化することにより、テリ、ツヤ、焼き色が美しくなります。
照り焼きや煮物、フライドチキンなどにお試しください。
はちみつはダイエットの味方!
美味しくて栄養満点のはちみつ!ココで気になるのは「甘い=太る?」という点ですね。
たしかに80%が糖分であるはちみつは高カロリーですが、実はヘルシーなダイエットの味方!
お砂糖と違って、すでにこれ以上分解する必要のない果糖とブドウ糖に分解されているため、短時間で胃腸から吸収されてエネルギーに変わってしまいます。
摂り過ぎた糖質が体内に脂肪となって蓄積されることもほとんどありません。

さらに嬉しいことに、はちみつに含まれるグルコン酸は大腸まで届き、ビフィズス菌などの善玉菌を増やして腸の状態を正常に保つ整腸作用があることが確認されています。
はちみつがダイエットの味方!という秘密はこんなところにあるんです
「ハネムーン(蜜月)」のおはなし。
起源は新婚ホヤホヤの夫婦が、まる1ヶ月間、はちみつで作った甘いお酒を飲むところからきているんだそうです。
古代ゲルマン民族の伝統的な風習といいますから、かなり古くから行われていたのですね。
むかしむかし、甘味料は貴重品だったので、新婚の時しか味わうことが出来なかったのかもしれませんね?はちみつ酒は幸せな2人をもっともっとハッピーにしてくれた事でしょう・・・
Sweet Honey・・・
アピセラピーって?
アピセラピーというコトバ、聞いたことありますか?『アピ』はラテン語でミツバチのこと。
『セラピー』は療法という意味です。

ということで『アピセラピー』とは、みつばちの産物を利用した自然療法のこと!
はちみつローヤルゼリープロポリスなどを利用した予防療法のことなんです。
ミツバチ産品の他にも、ミツバチの針を使った蜂針療法というのもあるんですよ!
ミツバチは古代から私たち人間に、たくさんの健康という恵みをもたらしてくれているんです。

オンラインショップへ オンラインショップモバイル版 山のはちみつ屋&お菓子工房 (有)ビー・スケップ
〒014-1201
秋田県仙北市田沢湖生保内字石神163-3
TEL:0120-038-318/FAX:0187-43-3098
年末年始をのぞき年中無休。
営業時間:午前9時〜午後6時(冬期は午後5時まで)
山のはちみつ屋 COPYRIGHT YAMANOHACHIMITSUYA Bee-Skep, ALL RIGHT RESERVED. HOMEへ ページのトップへ